らーめん むげんのページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、メッキリ冷えてきて、益々らーめんの季節になりましたね。
今日は本音?を少々語りたいと思います。

1、麺の選択
  醤油には細麺、太麺(中太麺)の選択がありますが、良くお客様に
  『どちらがお勧めですか?』、『どちらがおいしいですか?』と聞かれます。
  正直、どちらも自信があり苦渋の選択を迫られます。。。。
  店舗の展開としては基本は中太麺で、『細麺もあったらいいね』と従業員で会話し、
  細麺を選択可能にしましたので、基本の太麺(中太麺)を推奨します。

  店舗の展開で太麺をお奨めしていますが、結構困る会話が、
  お客様『どちらがおいしいですか?』
  従業員『太麺です』
  『お好みですが』とか、『基本は太麺です』とか、少し濁したニュアンスで対応するのは、
  聞かれた隣の席で『細麺』を食べているお客様がいらっしゃるときです。

  実際に食べているお客様は『細麺』のおいしさに気づいていていただいているでしょうが、
  隣で、おいしいのは『太麺です』って、言い切られて気分を害すのでは?
  と、ハラハラしてしまう1面がたまにあります。

  本当に同じくらいおいしいのです。
  従業員もまかないは、気分で麺を選択しています。 



2、味噌と醤油
  麺の選択同様苦渋の選択を迫られるのがこれです。
  店舗展開としては『味噌』をお奨めしておりますが、
  常時、節系や魚介系のあっさり目を好んで食しているお客様には当店の『味噌』は
  濃厚でもしかしたら合わないのでは?と思うと一歩立ち止まってしまいます。

  醤油にも背脂が乗っているのですが、見た目よりも意外とあっさり食せるので、
  上記のお客様には醤油を食していただきたいのです。

  本音はどちらも甲乙つけ難いといったところです。
  『味噌』が合わないと感じたお客様には『むげん』が合わないと思って欲しくないのです。
  『醤油』と『味噌』は表情が全く異なるものなので、両方を試していただきたい。。
  
  これは一般的なデータですが、『醤油』『味噌』の2本で営業している店舗は
  8:2くらいで『醤油』が出ますが、当店は『6:4』くらいで肉薄しているのが現実です。
  日によっては、『味噌』のが多い日もあります。

  是非、両味をお試し下さい。  



3、背脂
  お好みに合わせ、少なめ、多めと調整していますが、多めの更に上で、
  『ギタギタ』、更に『超ギタ』と段階をつけています。
  『超ギタ』はスープが殆ど入らず、脂の中に麺が入っている状態です。
  (スープは液体というより、固体に近いです)
  よほど脂好きな方は別ですが、興味本位ですとケガします。
  まずは、『多め』、次に『ギタギタ』更に脂が欲しいと感じたら『超ギタ』と
  段階を踏んで注文してください。
 
  『超ギタ』を注文して後悔しているような表情をたまに見ますので、
  らーめんをおいしく食べていただきたいのでご理解ください。

  また、たまに3~4人で来店されて、
  『こいつは超ギタで』と、何も知らないようなお連れさんの調整をされることもありますが、
  すかさず、『罰ゲームじゃないんだからあ(笑)』と、正規のオーダーをもらうようにしています。

  私たちは、おいしいらーめんをおいしく食べていただきたい・・・ただ、それだけです。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 らーめん むげん, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。